格安スマホにおススメのセキュリティソフト一覧

誰がなんと言おうと現在は格安スマホ全盛期です。

格安SIMに格安スマホを組み合わせて使っている人がかなり増えてきました。

安いのは良いのですが、心配なのがセキュリティ対策です。

ドコモ、au、Softbankであればそれなりのセキュリティ対策を講じているところはありますが、格安SIMに格安スマホの組み合わせでは、そのあたりがカバーされていることはあまりないかと。

という状況ですので、自分でセキュリティ対策をしていく必要があるわけです。

当ブログとして、格安スマホ向けにおススメできるセキュリティソフトをご紹介します。

Ads by Google

格安スマホにおススメのセキュリティソフト一覧

セキュリティソフトというとパソコン用とイメージがあると思いますが、スマホ用のセキュリティもちゃんとあります。

現在のインターネット接続を含む利用率はスマホの方が主流になっているので、当然悪意のある人間もここを狙ってきますね。

スマホのセキュリティリスクとは?

スマホに対してのセキュリティリスクとしては、

  • 不正アプリによる情報漏洩
  • 乗っ取り、なりすまし
  • ワンクリック、フィッシング詐欺
  • ランサムウェアによる金銭要求

などが、あげられます。

あまりPCと変わりがありませんが、アカウント乗っ取りはSNS系に見られるものなので、スマホ特有と言えるのかもしれません。

LINEの乗っ取りや、サイトを見ていると急に出てくるワンクリック詐欺、メールからリンクをクリックさせてそのまま偽ページからID、PWなどを盗み取るフィッシング詐欺など枚挙にいとまがありません。

Androidへのセキュリティソフトの必要性は以下のサイトでもご紹介しています。

Androidにウイルス対策ソフトは必要ないのか?

スマホを対象としたランサムウェアも

また、最近はランサムウェアが結構怖いですね。

ランサムウェアとは端末を乗っ取ったうえで、その乗っ取りを解除したければということで金銭を要求してくるものです。

対企業のものがニュースになりますが、個人に来る(来ている)可能性も十分考えられるリスクです。

身代金を払ったところで、本当に解除してもらえるかもわかりませんので、結構たちが悪いですよね。

身代金に関する記事はこちらもどうぞ

iPhoneがロックされて身代金を要求される?

格安スマホにおススメのセキュリティソフト一覧

では、格安スマホにおすすめのセキュリティソフトです。

無料のものもあると思いますが、設定がよくわからなかったり、サポートがなかったり、主要な機能を使おうとする課金が入ってきたりと、結局面倒だったりするので、ここでご紹介するものはすべて有料のものです。

それに、そもそも、無料のもので安心できますか?というところがあります。

もちろん、有料だから絶対大丈夫ということではありませんが、最低限のセキュリティが確保されてなかったり、新しい脅威に対して対応できてないのであれば意味ないですからね。

ちなみに、この記事で対象としている格安スマホの対象はAndroidです。

カスペルスキー

あんまり聞いたことないと思いますが、カスペルスキーはセキュリティソフトとしては結構有名なブランドで、ロシアのコンピュータセキュリティ会社です。

カスペルスキーセキュリティは不正なアプリのダウンロード防止、危険なサイトへのアクセスのブロックに加え、紛失、盗難対策、プライバシー保護などの便利な機能も搭載。スマートフォンやタブレットを総合的に守ることができます。

カスペルスキーのスマホ向けセキュリティの主な機能
  • ウイルス対策
  • 悪質アプリのインストール防止
  • 危険なウェブサイトへのアクセスをブロック
  • 端末のロック、データ消去
  • なくした端末を見つけ出す
  • SIMカード差し替えによる不正利用を防止
  • お子様に見せたくない有害サイトをブロック
  • 迷惑電話・迷惑メール対策、プライバシー保護

まぁ、これ以上はないというくらいの機能がそろっていますね。

ウイルスバスター

あまり説明が必要ないと思います。

PCやスマホに詳しくなくても、ウイルスバスターの名前は聞いたことあると思います。No.1と言われているスマホセキュリティソフトです。

ウイルスバスターのスマホ向けセキュリティの主の機能
  • 不正アプリから端末を守る
  • 危険なWebサイトをブロック
  • 個人情報の漏えいを防止
  • フィッシング詐欺サイトなどの危険なWebサイトへのアクセスを防ぐ
  • SNSの不正URLブロック
  • SNS公開設定機能
  • Webフィルタリング
  • 危険な公衆Wi-Fiブロック

こちらも安定して、安心できる機能が搭載されています。

ESETセキュリティソフト

こちらもカスペルスキー同様、あまりなじみがないかもしれません。

ESETセキュリティソフトを開発しているESET社は、元共産圏の国スロバキアにある会社。

日本ではキヤノンITソリューションがディストリビュータになっているのでしょうかね。

あまり知られていませんが、スロバキアという国は技術者の養成を積極的におこなっているのでかなり技術力がある国なんですね。

そこで作られているセキュリティソフトなので、しっかりとした技術に裏付けられていて人気があるわけです。

ESETセキュリティソフトのスマホ向けセキュリティの主な機能
  • ウイルス・スパイウェア対策
  • フィッシング対策
  • クラウドによるレビューテーション
  • SNS保護
  • セキュリティ監査

などがあります。

ウェブルート

クラウド型セキュリティという方法のセキュリティソフトです。

今までのセキュリティソフトは、ウイルスパターンファイル、ウイルス定義ファイルなど、ウイルスなどの「危険なファイル」リストを使ってチェックするため、端末の動作が重くなったり、最新のリストに更新しないと、新ウイルスに対応できないという問題がありましたが、ウェブルートはクラウドに格納しているウイルス情報を参照するだけなので、端末の動作が重くなることがないというものです。

クラウドの情報は最新のものなので、新ウイルスにもすぐに対応できます。

ウェブルートのスマホ向けセキュリティの主な機能
  • ウイルス、スパイウェア、ルートキット、その他の脅威をブロック
  • 疑わしい動作に基づいて未発見の脅威を阻止
  • リアルタイムに更新されるクラウド上の脅威情報により、常に最新の状態で保護
  • クリックする前に悪質なサイトを識別
  • 悪意のあるプログラムによる設定変更を防止
  • フィッシング詐欺サイトをブロック
  • ユーザー名、パスワード、クレジットカード番号を暗号化
  • アプリとダウンロード済みファイルをスキャン
  • スマートフォンやタブレットの盗難、紛失時に現在位置を特定

クラウドだからと言って特に他のソフトに劣るようなことはなさそうです。

格安スマホのウイルス対策におススメのセキュリティソフトはどれなのか?

結局格安スマホに導入するセキュリティソフトとしてお勧めなのは、どれかということですが、当サイトでは

  • 3台までならウイルスバスター
  • 3台以上ならカスペルスキー

をお勧めします。

やっぱり知名度や実績からはウイルスバスターに軍配が上がりますかね。3年ものもあるので、更新購入の頻度も少なくて済みますので。

ただし、ウイルスバスターの場合は、3台までなので、4台以上ある場合はカスペルスキーですね。ただし、そのカスペルスキーも5台までです。

保存

保存

保存

保存

Ads by Google

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Ads by Google

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA