iPhoneがロックされて身代金を要求される?

Apple IDがハッキングされて、iPhone iPad Macがロックされたらどうしますか。そのうえ金銭を要求されようものなら。。。

Ads by Google

Apple IDがハッキングされて、iPhone iPad Macが
ロックされたらどうしますか。

Apple IDが乗っ取られると、端末を遠隔でロックすることが出来たり、iCloudのiPhoneを探す機能が利用できることになります。

これがどういうことかと言うと、赤の他人がデバイスの場所を確認したり、紛失モードを有効にすることができるということなのです。

そして、この紛失モードを使うと、サウンドの再生、デバイスロック、はたまた身代金要求メッセージまで表示できるようになるんです。

悪い人はこの機能を使って、ロックを解除して欲しければ、ということで金銭を要求してくるんですね。

なお、このようなメッセージが画面に出たとしても絶対に払っちゃだめですよ。

払ったところでロック解除をしてくれる保証なんてどこにもないので。

アカウントへの対処方法

こんなことにならないようにしたいところですが、もしも、乗っ取られたら以下のように対処しましょう。

  • まずはApple IDのアカウントにサインインができるか確認します。
  • ログインできた場合は、すぐにパスワードを変更します。
  • そして、念のためそのアカウントでログインしているすべてのブラウザ、端末からログアウトします。

ここでログインできないと、パスワードを勝手に変更されている可能性がありますので、パスワードのリセットをしてください。

デバイスがロックされた場合の対処

これは最悪ですが、デバイスがロックされてしまうことがあります。

でも、そんな場合でもiPhoneなどにパスコードを設定していた場合は、そのパスコードを入力すればロックを解除できます。

問題はパスコードを設定していない場合。

パスコードを設定していなかった場合はロックの残念ながら解除ができません。

こうなるとAppleのサポートに連絡しなければならないのですが、通常の場合は初期化してバックアップからリカバリするしかないようです。

被害にあわないため、また、被害にあってもリカバリできる方法

このような事態にならないためにも、日ごろから以下のような対応をしておきましょう。

パスコードを設定する

これでiPhoneやiPadに不正にアクセスされる可能性が非常に低くなります。

また、パスコードを設定しておけば、ロックの解除ができるので初期化しなくて済みます。

強力なパスワードを設定する

言うまでもないことですね。

2ステップ確認を設定する

Apple IDには2ステップ確認というものがあります。

追加のセキュリティ設定でリスクを軽減できます。

バックアップをこまめにする

最悪、初期化をしなければならない場合でも、バックアップがあれば設定やメール、写真などを復旧することができます。

ウイルス対策ソフトを導入する

意外に知らない人多いんですが、iPhoneにもウイルス対策ソフトって入れられるんです。

入れるのであれば老舗のトレンドマイクロのウイルスバスターがおススメです。


保存

Ads by Google

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Ads by Google

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA