Windows10(11)用の軽いセキュリティソフト3選おすすめはこれだ!

こんにちは。今回はWindows10用のセキュリティソフトについてのお話です。
Windows11にも対応しています。

MicrosoftのWindows7のサポートも終わり、Windows10への切り替えを余儀なくされた方も多いことと思います。

そうこうしているうちに今度はWindows11です。

前バージョンのWindowsだと比較的サクサク動いていたPCも、Windows10やWindows11にアップグレードしたとたんに動作がもっさりしてしまった、という声も結構聞こえます。

動作が重くなる原因は、PCの性能やOSのアップグレードもありますが、その他の要因としてウイルス対策ソフト(セキュリティソフト)が影響していることもあるのです。

ただでさえOSのアップグレードにより動作が重くなってしまったので、セキュリティソフトはできる限り軽いものを導入することをお勧めします。

このページではもちろん、Windows11になっても使えるものをご紹介しているので、Windows11用のセキュリティソフトを探している方にも有益な情報になっています。

セキュリティソフトは、PCにバンドル(購入時に最初から入っている)ものもありますが、後でも説明しますが、やはりしっかりと性能や機能などを評価したうえで、導入することをおすすめします。

Windows10には純正の無料のウイルス対策ソフトがあるが。

ところで、Windows10以降であればOS自体に無料で使えるセキュリティソフトのWindows Defenderが最初から入っています。

無料で使えるWindows Defenderのセキュリティ機能は、Microsoftがあまりにもウイルス被害などが多発したため、自社で提供しはじめたセキュリティソフトです。

そのためか、市販のセキュリティソフトと比較すると、設定画面やユーザーインタフェース、保護機能はとてもシンプルです。

にもかかわらず、いざ、いろんな機能の設定をしてみようとすると分かりづらいと。。

また、やっぱり無料なので未知のウイルスへの対策や定義ファイルの更新頻度、ウイルス検出率、保護機能などについて性能不足で心配という声もあがっています。

まあ、無料のものにそれほどの性能を望むのも厳しい気がしますので、しっかりとしたセキュリティを確保するのであれば、評価の良い市販のセキュリティソフトの導入を検討すべきです。

Windows10(Windows11)にはどのセキュリティソフトが良いの?

そんなこんなで、有料の高性能なセキュリティソフトを導入したいと思っている人はいるのですが、いざとなると、どのセキュリティソフトを導入すればよいかわからない、と。

セキュリティソフトはパソコン自体の動作に影響が出ないよう、軽いものを導入するのが一番なのですが、軽いといわれてもどのセキュリティソフトが軽いのかわからないですよね。

それに軽さばかりを追求してしまい、肝心のセキュリティ機能の性能が低かったり、評価が悪ければ本末転倒になってしまいます。

良いセキュリティソフトを評価する方法は、軽さとセキュリティ機能のバランスが取れたもの、ということになります。

ということで、今回は純正で無料で使えるWindows Defender以外の、Windows10(Windows11)で使える軽くて性能がしっかりしているおすすめのウイルス対策ソフトをご紹介したいと思います。

ここでご紹介するセキュリティソフトは、どれも有名で評価実績がある高性能なセキュリティソフトなので、安心して導入してできるものばかりですが、その中でもおすすめのものをランキング形式でご紹介します。

セキュリティソフトを選ぶときのポイントは3つ

ランキングをすぐに見たい方はコチラ

ランキングの前にセキュリティソフトを選ぶ際のポイントをご紹介しておきましょう。

セキュリティソフトを導入する場合は、これからご紹介する評価ポイントを外さないよう注意してください。

ウイルス対策ソフトを購入する際に評価するポイントは以下の3つです。

  1. 対応しているOS
  2. 利用できる端末の台数
  3. サポート体制

それぞれの評価項目を見ていきましょう。

1、Windows10(Windows11)に対応しているか

当たり前ですが、自分のOSに対応したセキュリティソフトを選ばなければなりません。

今回はWindows10(Windows11)用のものをご紹介しているので心配ありませんが、中にはMac専用というセキュリティソフトもあるので、間違って購入しないように注意が必要です。

また、最近はスマホの普及によりモバイル版専用として販売されているものもあります。

しっかりと、パソコンに対応しているセキュリティソフトであるかを確認しましょう。

2、セキュリティソフトをインストールする端末の台数

PCが一台しかないのであれば気にしなくて良いですが、複数台ある場合やスマホにも入れたいと思っている場合はインストールする端末の台数を確認しておきましょう。

1ライセンスで複数インストールできるタイプの製品が多いのですが、その数には制限があるのが一般的。

台数によっては大きく価格にはね返ってきますので、事前に何台端末があるかのチェックはしっかりとしておきましょう。

案外この評価ポイントが抜けていることがあるので、注意が必要です。

3、サポート体制

実際にセキュリティソフトを購入したが、

  • うまくインストールできない
  • 使い方が分からない
  • 機能が分からない
  • 更新方法が分からない

などサポートを必要とするケースは結構あります。

そんな時はメーカーのサポートを利用することになりますが、サポート時間やどこに連絡をすれば良いかなどを知っておかないと、いざというときに困ってしまいます。

また、自分だけなら良いですが、家族のPCにインストールした場合などは、その家族が直接セキュリティソフトのサポートへ問い合わせをしてもらったほうが良い場合もあります。

自分以外の人が問い合わせをすることができるか?などを含め、事前にサポート体制を確認しておきましょう。

これ以外にも性能やユーザーからの評価なども含めて総合的な判断が必要です。

それでは、この3つの評価ポイントを抑えつつ、しっかりと保護してくれるおすすめのウイルス対策ソフトをご紹介していきます。

Windows10(Windows11)用のセキュリティソフトランキング

まずは表形式でまとめます。

1位
ウイルスバスタークラウド
2位
ESET
3位
カスペルスキー
OS Windows10
Windows8 / 8.1
Windows7
Mac OS
Android
iOS
Windows10
Windows8 / 8.1
Windows7
Mac OS
Android
Windows10
Windows8.1
Windows7
Mac OS
Android
台数 3台 1台(5台プランあり) 1台(5台、6台以上プランあり)
サポート 365日年中無休
電話、メール、チャット、LINE
電話、メール 365日年中無休
電話とWeb
価格 5,380円(1年)から 4,860円(1年)から 3,980円(1年)から

※赤字が強みを表しています。

おおまかな強みなどが分かったうえで、それぞれの特徴を見ていきましょう。

ウイルスバスタークラウド

ウイルスバスタークラウドは今回ご紹介するウイルス対策ソフトで唯一iPhoneにも対応しているセキュリティソフトです。

また、デジタルライフサポート プレミアムを購入すれば、24時間365日、電話でのサポートを受けることができます。

しかも、ウイルスバスターがらみのセキュリティに関する質問だけでなく、他のソフトや、スマホ、SNSの操作方法などについても質問することができます。

日本国内でのシェアでは10年連続No.1という実績があるウイルス対策ソフトです。

初心者にもおすすめとよく言われていますが、機能もしっかりしていて細かい設定も出来ますので、PCに詳しい人にもおすすめできます。

ESET

ESETは動作の軽さと価格の安さが売りのウイルス対策ソフトです。

とにかく軽いのが一番!という方におすすめです。

サポートについては「プレミアあんしんパック」というものがあってESET以外のサポートもしてくれます。

カスペルスキー

カスペルスキーは高性能なセキュリティソフトということで定評があります。

スキャンエンジン、ランサムウェア対策、オンラインバンキング保護、ファイアウォール、脆弱性保護の機能などしっかりしています。

5台までOKのプラン、6台以上のプランもあります。

Windows10(Windows11)に一番おすすめのセキュリティソフトはこれだ

ここまで3つのセキュリティソフトを評価し、ご紹介してきましたが、当サイトが一番におすすめするのはウイルスバスタークラウドです。

iPhoneを使っているのであれば、問答無用でウイルスバスタークラウド一択ですし、そうでなくても、

  • 知名度が高い
  • 動作も軽い
  • ユーザーからの評価が高い
  • しっかりとした保護機能と性能でウイルス駆除に対応してくれる

という、ウイルス対策ソフトだからです。

そして、たくさんの機能があるにも関わらず、ソフトの操作画面が分かりやすいので初心者にもおすすめのセキュリティソフトです。

また、サポート体制も他のソフトよりしっかりしていて丁寧と評判です。

他のセキュリティソフトだとどうしても動作が重くなるけど、ウイルスバスターだったら問題なくさくさく動作するという話もよく聞きます。

製品名にあるとおりクラウド上にパターンファイルをおいて、パソコンにかかる負荷を大幅に軽減していることが軽さにつながっているのでしょう。

もともとWindows7を使っていて、Windows10にアップグレードした方も多いと思いますが、そんな少し古いPCを使っている方にもお勧めできます。

日本で一番売れているセキュリティソフトというだけはあると思います。

中には以前のウイルスバスターは重いというイメージが強く、あんまり良い印象を持っていない人も多いのでは?

でも、ウイルスバスタークラウドになってからはその心配もなくなっています。

かといって機能や性能を犠牲にしているわけでもありません。

3台使えてこの価格というのも魅力の一つです。

Windows10(Windows11)のウイルス対策ソフトで迷ったら、ウイルスバスターにしておけばまずは間違いないと思います。

AV-Comparativesのセキュリティソフトの評価について

今回ご紹介しているウイルス対策ソフトですが、その評価の参考情報ともなっている、AV-Comparativesについてご紹介しておきます。

セキュリティソフトを評価する機関として「AV-Comparatives」という組織があります。

AV-Comparativesは、セキュリティソフトウェアのテストと評価を行うオーストリアの独立組織で、定期的にセキュリティソフトのレポートをしています。

そこでの上で紹介したセキュリティソフトの評価もされていますので、それぞれご紹介します。

少し日本語が?という感じもありますが、そこはご愛嬌ということで。

ウイルスバスタークラウドの評価

トレンドマイクロは、5つの上級賞を受賞しました。

ユーザーインターフェイスでは、簡単な概要が表示されますが、高度なオプションに簡単にアクセスできます。永続的なマルウェアとステータスアラートが際立っています。

ESETの評価

ESETは、3つのAdvanced +と2つのAdvanced Awardを受賞しました。レビューアーは、GUIの明確でシンプルなレイアウトと使いやすさに感銘を受けました。

カスペルスキーの評価

カスペルスキーは、4つのAdvanced +と3つのAdvanced Awardを受賞しました。また、使いやすいタイル化されたインターフェイスと、幅広い構成オプションがあります。

ここでご紹介しているセキュリティソフトは、どれも高い評価を受けているものなのですが、ウイルスバスターの5つの上級賞は際立っていることがお分かりかと思います。

第三者機関からの評価も高いセキュリティソフトとして、ウイルスバスタークラウドはおすすめできます。

コメント