【IISバージョン確認方法】Windows ServerとIISの関係性一覧

Windows Server2019、Windows Server2016対応版。

IISのバージョンってどこから確認すればよいのかわかりづらくないですか?

あなたがこのページを見ているということは、確認方法が分かりづらくてハマったくちだと思いますが、私もハマった人の一人です。

このページでWindows OSとIISのバージョンの関係性が一発で確認できます

わざわざIISからバージョンを確認しなくても、IISのバージョンを確認する方法があるのでご紹介しますね。

Windows ServerとIISのバージョンの一覧表(IISのバージョン確認方法)

実は、IISのバージョンってWindows ServerのOSのバージョンとリンクしているので、Windows Serverのバージョンが分かればIISのバージョンも分かるんです

IISのバージョンはWindows ServerのOSのバージョンとリンクしています。

よって、IISのバージョンがわからなくても、Windows ServerのOSのバージョンが分かれば判明します。

Windows Server OSとIISの一覧表がこちらです。

IISのバージョンとWindows ServerのOSの一覧表

OS

IIS

Windows Server 2019 IIS 10
Windows Server 2016 IIS 10
Windows Server 2012 R2 IIS 8.5
Windows Server 2012 IIS 8.0
Windows Server 2008 R2 IIS 7.5
Windows Server 2008 IIS 7.0
Windows Server 2003 IIS 6.0
Windows 2000 IIS 5.0

Windows ServerのバージョンがわかればIISのバージョンも分かるということです。

IISからバージョンを確認する方法

上記の対比表を見てもらえればIISのバージョンは分かるのですが、もちろん、Windows Server上でIISのバージョンを確認することもできますので、その手順をご案内します。

まずはIIS管理ツール(インターネット インフォメーション サービス (IIS) マネージャー)を起動します。

※起動は「スタート」メニュー→「コントロールパネル」→「管理ツール」→「インターネット インフォメーションサービス (IIS) マネージャ」から行えます。

そして、上のメニューにある、

ヘルプ > インターネットインフォメーションサービスのバージョン情報

からバージョンを確認してください。

こんな画面が表示されると思います。

上の方にWindows Serverのバージョンがありますが、IISのバージョンは下のほうなので、間違わないように気をつけてください。

おまけ:Windows OSとIISのバージョンの関係性一覧表(IISのバージョン確認方法)

IISって実はWindows Serverだけでなく、クライアントOSにもインストール可能です。

まぁ、実際に有効化して使うか?というと、まず使うことはないと思いますが、参考までにWindows OSとIISのバージョンも記載しておきます。

OS

IIS

Windows 10 IIS 10
Windows 8.1 IIS 8.5
Windows 8 IIS 8.0
Windows 7 IIS 7.5
Windows Vista IIS 7.0
Windows XP IIS 5.1

おまけ2:Windows10でIISを有効化する方法

おまけとして、Windows10でIISを有効化する手順をご紹介しておきます。

  1. 左下のウインドウズマークをクリックして設定(ギアのマーク)を開きます
  2. 設定からアプリ(アンインストール、既定値、オプションの機能)を開きます
  3. 右上にある関連設定の「プログラムと機能」をクリックします
  4. 「Windowsの機能の有効化または無効化」をクリックします
  5. 「インターネットインフォメーションサービス」の「World Wide Webサービス」をクリックします
  6. OKをクリックします

で有効化できます。

 

以上、「【IISバージョン確認方法】Windows ServerとIISの対比表」でした。

保存

保存

保存

保存

保存

保存

コメント