日本のおすすめVPN5選!自宅と会社でリモートデスクトップ

インターネット接続をする際のセキュリティを高めるために活躍する「VPN」。

VPNサービスは種類が多く専門知識も必要で、どれか良いのか分からない、という声をよく聞きます。

今回はおすすめの有料VPNサービスをご紹介します。

VPNとは?Virtual Private Network

VPNとはVirtual Private Networkの略でインターネットなどに接続している利用者の間に仮想的なトンネルを構築し、プライベートネットワークを構築する技術のことです。

専用の仮想トンネル(トンネリングと言われます)を作り、そこで通信が行われますので、VPN接続を使えば、インターネット上で安全に情報のやりとりが可能になります。

VPNを導入する理由

VPNを導入する理由としては

  • テレワークのセキュリティ強化
  • WiFiのセキュリティ強化
  • 海外からのアクセス

あたりがポピュラーです。

VPNの無料版と有料版の違い

VPNには無料版も存在しています。

無料版でもVPN接続自体は可能ですが、Hotspot Shieldというサービスではユーザーデータを第三者に販売していたことが発覚しています。

無料VPNは運営元が不透明なところが多く、利用するサービスによっては悪用目的で提供されているものもあります。

有料であれば大丈夫、と言い切れるものでもありませんが、少なくとも運営元ははっきりしているので、何かあった場合の責任の所在は明確です。

VPNを導入するのは、情報を保護するため。

そこにリスクを冒して無料のVPNを使うのはおすすめできません。

VPN選びの3つのポイント

VPNを選ぶ際に抑えておく3つのポイントがこちらです。

速度

VPNを使うとどうしても通信速度は落ちるのが一般的です。

十分な速度が出るVPNを選びましょう。

ノーログポリシー

ログとは通信の記録の事です。

VPNサービスの中にはログを記録している場合がありますので、注意が必要です。

ユーザー情報の収集をしないノーログポリシーを掲げているVPNサービスを選びましょう。

同時接続数

VPN接続は各端末から行います。

VPNサービスによってその接続台数が異なりますので、自分がどの程度のクライアントを接続するのか確認して、その台数に見合ったサービスを選ぶようにしましょう。

有料VPNのおすすめはこれだ!最新VPNランキング

それでは、上記を抑えた上でおすすめのVPNサービスをご紹介します。

NordVPN

NordVPNは、パナマのVPNプロバイダで、海外でも利用者の多いVPNです。

サービスの質が非常に高いと評判で、サーバー数や設置国数などほぼ全ての項目において世界トップレベルです。

Millen VPN(ミレンVPN)

Millen VPN は日本のアズポケット株式会社が運営するVPNサービスです。

日本の企業が運営しているため、日本語でのサポートが可能です。

スイカVPN

株式会社MAJ Techが提供するVPNがスイカVPNです。

料金の安さが魅力のVPNですが、世界45都市にある47のサーバーが利用可能なので、安定しています。

土日も含め、日本語でのサポート対応があるのもうれしいところです。

セカイVPN

セカイVPNはインターリンク社が提供するVPNサービスです。

セカイVPNは無料体験期間が2ヶ月もあるので、とりあえず使ってみて不満な点があれば他社サービスに乗り換えるという利用方法も可能です。

Surfshark

Surfsharkは、Surfshark Ltd.が提供するVPNサービス。

同時接続台数が無制限という他にはないサービスが特徴です。

速い速度での通信も可能なので、評判はかなり良いです。

コメント