net::err_cert_authority_invalidのエラーコードの原因と解決方法

Google ChromeでWebサイトを見ていると、「net::err_cert_authority_invalid」というエラーコードが表示されることがあります。

この原因と解決方法について簡単に解説します。

net::err_cert_authority_invalidはどうして表示されるのか?

NET::ERRまではエラーコードの共通のヘッダーのようなものです。

そのため、「cert」以降で判別することになりますが、

  • certは証明書
  • Authorityは認証局
  • Invalidは無効

という意味になります。

というわけで、信頼された認証局から発行されたサーバ証明書ではありませんよ、という意味のエラーとなります。

一番多いパターンは、サーバでオレオレ証明書(自己署名の証明書)を使っている場合が該当します。

net::err_cert_authority_invalidを解決する方法は?

このエラーコードが表示された場合は、そのウェブサイトに設定されているサーバ証明書に問題があることになるので、表示された側の人たちにはどうすることもできません。

そのため、ウェブサイトの管理者に問い合わせをすることになります。

これが解決する方法となります。

net::err_cert_authority_invalidを回避する方法は?

このエラーコードを回避してWebサイトを表示したい場合ですが、当サイトではおすすめしませんが、以下の方法で回避をして続行することができるようになっています。

詳細設定をクリック

最下部の<サイトドメイン>にアクセスする(安全ではありません)をクリックする

これでそのサイトにアクセスすることができます。

なお、クリックするところにも書かれている通り安全ではありませんので、サイトへアクセスする際は慎重に進むようにしてください。

悪意のある攻撃者はこの回避する方法もあわせて案内する場合があります。

本当に安全だと思えない場合以外はこの回避方法でアクセスすることはおすすめできません。

コメント