HTTP/2だとhttpsの方がhttpよりも早い理由とは?

※この記事にはプロモーションが含まれています。

HTTP/1.1の後継にあたるプロトコルHTTP/2ではhttpsのほうがhttpより早いらしいです。

その話が本当なのか確認してみました。

HTTPSの方がHTTPよりも早いって本当なのか?

image

シマンテックからのメールで「HTTPSの方がHTTPよりも高速」というような内容が送られてきました。

 

現在のHTTP/1.1では、ウェブブラウザでファイルをダウンロードするときに、ひとつのファイルのダウンロードが完了するまで、次のファイルのダウンロード要求を送信できない仕様になっているが、HTTP/2では、多数のファイルを並行してダウンロードすることが出来るため、HTTP/1.1のような遅延が出ないから、というのが理由なようです。

 

HTTP/1.1は1990年代に標準化された技術なので、まぁ、そろそろ世代交代ですね。

HTTPSの方が早い理由とは?

でも、これだけではHTTPSだけが速くなる理由にはなりませんよね。

 

だって、この内容だと、httpsだけじゃなく、httpだって早くなるわけですから。

 

で、実はここからブラウザベンダがこの理由に絡んでくるわけです。

 

ブラウザベンダはHTTPSだけHTTP/2の実装を進めているようです。

 

よって、

  • http→HTTP/1.1
  • https→HTTP/2

ということになります。

 

なるほど、これが、httpsの方が速くなるという理由なわけです。

 

FirefoxはもうHTTP/2でサポートするのはhttpsのみって言いきっているらしく、GoogleとMicrosoftも今のところHTTP/2ではHTTPSのみサポートしている状態です。

完全にhttpsに舵を切っているということです。

 

でも、本当に速いのか分かりませんよね。

 

そんな疑い深いあなたに、HTTP/2とHTTP/1.1のダウンロード速度を比較できるサイトがありますのでご紹介します。

https://www.httpvshttps.com/

 

私も試してみましたが、HTTP/2に対応しているChromeだと確かに速いです。

9%くらい速かったです。

Firefoxにおいてはキャッシュの影響もあると思いますが、84%!?も速かったです。

※ほんとかいな?という気はしますが。

コメント