iOS 8 脆弱性、多くのセキュリティ問題を解消

ads by google

iOS 8の配布が始まりました。脆弱性、多くのセキュリティ問題が解消されたとのことですが、どうなんでしょうか。

ios8

iOS8では、Wi-Fi接続やカーネル、Safari、WebKitなど40程度の問題が解消されているようです。

以下が今回のiOS8で解消された問題点の一覧項目。

  • 通知センターを改良、通知センター上から直接メールを返信したりFacebookの「いいね!」を押したりできるなどインタラクティブ性を強化。またサードパーティ製のウィジェットを追加可能にした。

  • ホームボタンの2度押しで、アプリのサムネイルの上によく連絡を取る人物をアイコン付きで表示可能になった。

  • メールアプリのユーザーインターフェースを変更、メール一覧上でスワイプする事で未読にしたりゴミ箱に捨てる事ができるようになったほか、書きかけのメールを縮小表示できるようになった。

  • iPadのSafariの表示形式を変更し、タブ表示がサムネイル形式で表示されるようになり、ブックマーク表示もMacOS X版と同様のサイドバー形式になった。

  • Spotlightの機能を強化、情報やコンテンツを予測・推薦するサジェスト機能が追加された。

  • 相手や文脈を判断して予測変換するQuickTypeを追加。

  • メッセージアプリを強化、短い音声メッセージや動画を送受信できるようになり、グループチャットはスレッド単位で管理、「対応不可」タブも追加された。

  • iCloudのクラウドストレージサービス、iCloud Driveに対応

  • 家族間でコンテンツや写真、カレンダー、位置情報などを共有できるファミリーシェアリング機能を追加。

  • 写真アプリを改良し、検索機能や編集機能の強化、iCloud Photo Libraryへの対応が行われた。

  • Continuityと呼ぶ連携技術を追加、Macとの連携を行うHandoff機能でMacで扱っていたデータを継続してiOSで処理できるようになったほか、iOS端末同士でも作業の継続処理ができるようになった。

  • Siriの機能を強化、呼びかけるだけでSiriを呼び出す事ができるようになったほか、音楽を聴かせる事で曲名を調べる事ができるサービスShazamに対応した。また、新たに22言語に対応した。

  • 企業向け機能を強化し、企業システムのメールやカレンダーの設定が容易になった。

  • App Storeを改良し、検索機能の改良、複数アプリの同時購入、動画デモ機能、アプリのベータテスト招待機能Test Flightが追加。

  • 開発者向けとしてはAPIの開放やSDKの追加が行われた。

      • スマートホーム向けアプリ開発用のHomeKitを追加。

      • 健康・フィットネス向けアプリ開発用のHealthKitを追加。

      • Touch IDの認証機能をサードパーティ製アプリでも使えるようになった。

      • サードパーティ製のキーボードやIMEが使えるようになった。

      • カメラロール内の写真を直接加工できるPhotoKit、カメラの露出やフォーカス、ホワイトバランスを直接性できるカメラAPIを提供。

      • Extensibilityという拡張機能を使う事でアプリ間連携機能を使えるようにした。

      • A7プロセッサ向けグラフィックAPI、Metal APIやSpriteKitやSceneKitなどゲームで使われるAPIを提供。

      • 新しい開発言語としてSwiftを提供。

かなりのボリュームですね。

ちなみに、iOS8はiPhone 4S以降、iPod touchは第5世代以降、iPad 2以降が対応です。

iPhone4以前のものにはインストールできませんので、注意してください。

ads by google

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ads by google

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA