中京大学で個人情報が流出 メールアドレス等外国人留学生126人

中京大でメールの送信ミスがあり外国人留学生126人の個人情報が流出しました。

中京大のメール送信ミスも原因はやっぱりあれでした。

中京大学で個人情報が流出 メールアドレス等外国人留学生126人

緊急事態宣言にともない、外国人留学生に対してメールで連絡を取った際に送信ミスをしてしまい、メールアドレス等が流出しました。

中京大学によると、4月30日17時半ごろ、外国人留学生126人に対し送信したメールにおいて送信ミスが発生。

送信先をBCCに入れなきゃいけないところを、誤って宛先TOに入力してしまったため

  • メールアドレス
  • 学籍番号
  • 氏名

が受信者間で閲覧できる状態になってしまったという事故です。

メール送信後に担当職員がミスに気づいて問題が判明。

対象となる留学生に対し謝罪するとともに、誤送信したメールの削除を依頼しているとのこと。

メールアドレス等の流出について全文掲載

全文掲載します。

2020年(令和2年)5月1日

関係者各位

中京大学学長安村仁志

メールアドレス等の流出について

このたび本学より、外国人留学生に緊急事態宣言の対応に伴う連絡文書をメールで一斉送信する際、同報者にメールアドレスが表示される形で一斉に送ってしまったことが判明いたしました。

対象の皆様には多大なご迷惑をおかけしました。

深くお詫び申し上げます。

1.流出した個人情報

2020年度春学期の外国人留学生126名分のメールアドレスと学籍番号、氏名

2.発生経過と対応

2020年4月30日(木)17時21分ごろ、国際課より、連絡文書をメールで一斉送信しました。その後、メールアドレスが表示される形で送信してしまった間違いに担当した行政職員が気付き、流出が判明しました。すぐに対象の外国人留学生全員に対し、お詫びをし、メールの削除をお願いしました。

本来、宛先を「Bcc:」に記入して送信すべきところを、誤ってすべての宛先を「To:」に記入して送信してしまったこと、宛先が「Bcc:」に入っていることを確認する作業を怠ったことが原因です。

3.具体的な再発防止策について

メールの一斉送信の際には複数名の行政職員による確認を行うと共に、今回の事例を教訓として全部署で共有します。また、今後も個人情報保護につき一層の徹底に取り組んでまいります。

以上

しかし、BCCに入れるべきところをToに入れ間違えてしまうミスって多いし無くならないですね。

原因は普通のメーラーでやっているからだと思いますので、システム化することを考えた方が良いですね。

今はASP、クラウドサービスで価格もかなり安くなっているので、セキュリティ事故を起こすくらいならメール配信サービスを使った方が絶対に良いです。

おすすめのメール配信サービスは以下を参考にしてもらえればと。

おすすめのメール配信サービスランキング

お名前.com メールマーケティング

お名前.com メールマーケティングには、誤配信防止機能があって、作業者の配信設定を承認者がチェック後に配信することで、誤配信を防ぐことができるようになっています。
チェック機能には
・配信前に「承認者」の配信対象チェック
・配信前に「承認者」のメール文面チェック
・配信前に「承認者」の配信日時のチェック
があります。

通常のメール配信機能はもちろん、メールの配信先となる顧客属性の設定や配信後の効果測定、定型メールを指定のタイミングで自動配信する「ステップメール機能」といった、製品名どおりメールマーケティングに必要な機能も備えています。

そのため、「誤配信防止のためだけ」ではなく、マーケティングにも利用できるので、導入しやすいのではないかと思います。

これらの機能は1つの管理画面で利用できるので、作業負担を抑えながら配信目的や顧客属性に応じた効果的なメール配信を実現でき、サービスや商品の売上につなげることができます。

料金も企業だけでなく、自治体や教育関連、個人まで幅広く使える料金設定になっているので、とりあえずということでも始められるところがおすすめです。

ブラストメール(旧ブレインメール)

ブラストメールは9年連続顧客導入数シェア No.1のメール配信サービス。

約20年にわたってメール配信サービスを提供してきた実績があります。

ブラストメールの特徴は、はじめての人でも“かんたんに”メール配信できることを追求して開発されたサービスなので、マニュアルを読まなくても直感的に理解できるようにできています。

トライアルの7日間は一切料金がかからず、通常サービスと同じ機能を試せます。また、7日間終了後は自動で料金が発生することもないので安心してトライアルできます。

WiLL Mail

ウィルメール(WiLL Mail)は、4年連続のアワード受賞、2018年時点で3年連続の業界売上成長率第一位と2014年のサービス提供開始以来、急成長を遂げているメール配信サービスです。

メールサービスの中ではめずらしく、使った分だけ支払いが可能な「従量制課金」プランに対応しているので、1ヶ月契約でいつでも契約プランを変更・解約ができます。

よって、使い方次第で大幅なコストダウンも実現できます。

導入ご検討用に、無料トライアルアカウントが約2週間使い放題。

大手企業からも好評のHTMLメール作成ツールなど、標準機能を全て試すことができます。

メール商人

メール商人はメールマーケティングを実践するのに必要な機能をオールインワンで備えたメール配信システム。

『メール配信・ステップメール・入力フォーム』の基本機能を中心に、一括予約配信、セグメントメール、パーソナライズメール、HTMLメール、メール配信後の効果測定、CRM機能、お誕生日・記念日メールなど、メールマーケティングを実践する上で必要な機能をほとんど備えています。

以上、「中京大学で個人情報が流出 メールアドレス等外国人留学生126人」でした。

コメント