メール誤送信対策は大丈夫ですか?やっぱり多い誤送信。

メール誤送信などのメールセキュリティ対策大丈夫ですか?

大企業ほどメールの誤送信対策をしている。

興味深い調査結果を見つけました。

メールのセキュリティ対策って各企業でばらばらだと
思います。

署名欄に注釈を入れていたり、添付ファイルを送る際は
パスワードを設定して、別メールでパスワードを送るなどは
割とスタンダードになってきてますね。

でも、一番メールのセキュリティ事故で多いのは、メールの
誤送信ではないかと思います。

皆さんも実際に事故までは起こさないものの、一度くらいは
ひやっとした経験あると思います。

実施しているメールのセキュリティ対策

企業で実施しているメールセキュリティ対策を調査した結果として
以下のような結果を見つけました。

  1. 「ウイルス対策」
  2. 「スパムメール対策」
  3. 「メール誤送信対策」
  4. 「メール暗号化」
  5. 「メールアーカイブ・フィルタリング」

さらに3位の「メール誤送信対策」と4位の「メール暗号化」は、
従業員規模が大きくなるにつれて導入率が高くなっているようです。

特に、3位の「メール誤送信対策」は100名以下の中小企業が10.7%に対し、
1001名以上の大企業では38.8%とかなりの割合で対策をしている模様。

やはり、それだけ誤送信の事故が多く発生しているということですね。

誤送信をゼロにする画期的な仕組みを作れたら、、、すごいかも
しれませんね。

一番使われているメールソフト(MUA)

あと、個人的に気になったのが、使われているメールソフト(MUA)。

どんなメーラーが使われているのかって、なかなか知る機会って
ないですよね。

結果は以下。

  1. 「Microsoft Office Outlook」
  2. 「Outlook Express/Windows Live Mail」
  3. 「Thunderbird」
  4. 「Lotus Notes/Domino」
  5. 「グループウェア」「ブラウザ(Webメールなど)」

んんー、Outlookは分かりますが、4位のNotesってのが
個人的には意外でしたね。

ちょっと、話がそれましたが、いずれにしても、 メールの
誤送信対策は会社の幹部やIT部門にとっては悩みの種かも
しれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA