日本郵政のパソコン200台が海外サイトに接続

日本郵政のパソコン200台が海外の検索サイトと不自然な通信をしていたことが判明。

その接続先とは?

Ads by Google

日本郵政のパソコン200台が海外検索サイトに接続

image

海外の検索サイトと言えば真っ先に思い浮かぶのがGoogleですね。

でも、Googleへの接続は不自然ではないはずです。

※はず、であって不自然でありません、と言い切れないところが怖いところです。。。

当の「海外の検索サイト」については、今のところ明らかにされていないようですが、一部からは中国のサイトとか、アダルトサイトとかいろいろと噂が出ているようですね。

不自然な接続(通信)があったというパソコンを調べたところウイルスに感染したり、外部から攻撃を受けたりした形跡はなかったそうです。

日本郵政グループ各社(ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険、日本郵便)の業務システムへの影響もなく、情報の流出も今のところないという話です。

先日、年金機構で情報流出事故があったばかり。ただでさえみんな敏感になっているので、ちょっとでも何かがあると「またか」となるので、本当に気をつけなきゃならないですね。

年金機構の詳しくは以下を参照のこと

http://security.data-site.info/432.html

ちなみに不自然にサイトへの接続があると以下のような動きが出ることがあります。

  • ポップアップウィンドウが出て、見たこともないサイトへ誘導される
  • 思い当たりのないエラーメッセージが表示される
  • ブラウザのホームページ設定が書き換えられる
  • PCのパフォーマンスが低下する
  • PC起動時に見覚えのないプログラムが自動的に起動している

このあたりの動きが出たら、ちょっと注意した方がいいかもしれません。

対策としてはベタですが、Windows Updateは必ずするのはもちろんのこと、セキュリティソフトを常に最新版にしておくことをお忘れなく。

Ads by Google

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Ads by Google

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA