JALマイレージバンク会員の個人情報が漏えい。その確認方法は?

Ads by Google

JALマイレージバンク会員の個人情報が漏えいした可能性があるとのこと。その確認方法をご紹介。

最大で75万件?19万件?2万件?

日本航空(JAL)は24日、JALマイレージバンク(JMB)会員の個人情報が漏えいした可能性があることを発表していますが、29日に更新されています。

そもそも、今回の情報漏えいの内容は顧客情報管理システムにアクセスできる社内のパソコンの一部に、悪意のあるプログラムが仕込まれたためにJMB会員の情報が漏えいした可能性があるというもの。

最大で75万件となる可能性があるということで新聞沙汰にもなっています。

漏えいの可能性があるのは、以下の情報

  • 会員番号(お得意様番号)
  • 入会年月日
  • 名前
  • 誕生日
  • 性別
  • 自宅(郵便番号・住所・電話番号・FAX番号)
  • 勤務先(会社名・郵便番号・住所・電話番号(内線)・所属部門名・役職)
  • 電子メールアドレス(パソコン、携帯メール)

現時点では、パスワードおよびクレジットカード番号の漏えいは確認されていないとのことのようで、特典交換などのマイレージプログラムも通常どおり利用可能ということ。

で、今回更新された内容は以下のような内容。

2014年9月19日と22日に、システムにスローレスポンスが発生していた。
調査をしたところ、漏えいした可能性の高いユーザ情報の件数は、約19万人分っぽい。
さらに、そのうちの最大約2万1千件が、悪意のある外部サーバーに送信されていることが判明。
ただ、まだ該当の顧客情報までは特定はできていない。
個人情報の漏えいの可能性の高い約19万人には、これから個別にメールや郵送、JMB会員ログインページで案内する。

という内容。

ログインページの以下のところで確認できるようです。

さらに詳細な原因については、現在調査中で、当面の対応としては、システムにアクセスできるすべてのパソコンに対して、外部への接続を停止して対処済みとのこと。

この件については専用ダイヤルを設置して対応しているようなので不明な点があれば直接聞いてみることをお勧めします。

0120-25-9750*(フリーダイヤル)※携帯電話、及びPHSからも通話可能

03-6740-1361*(有料ダイヤル)

公式サイトはこちら
JAL顧客情報システムへの不正アクセスによる個人情報漏えいの可能性について
https://www.jal.co.jp/info/other/140924.html

Ads by Google

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Ads by Google

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA