法務省に不正アクセス 登記、戸籍情報は大丈夫か?

ads by google

法務省のネットワークに不正アクセスがあったと22日に発表。

法務省や全国の法務局が管理する内部ネットワークに複数回不正アクセスが
あったと発表している。

このネットワークは基本的には職員のメールのやり取りや内部資料の
データベースの機能があるとのこと。

法務省では既に警察庁に相談していて、情報が流出した可能性が無いか
確認をすすめている模様。

法務省によると今月の5日に法務局などに設置されている端末やサーバー
などに複数回の不正アクセスがあったことを確認したということ。

この不正アクセスとは、通常なら利用される時間帯ではないはずの
時間帯に不自然なアクセスがあったために判明した模様。

法務局の取り扱っている情報としては

  • 法人登記
  • 不動産登記
  • 戸籍情報
  • 人権侵害情報
  • 成年後見に関する情報

などなど。

どうやら、このようなシステムは被害を受けていないということらしいですが
ネットワークでやり取りされたデータが流出していないかの確認をすすめているとのこと。

これが漏れていたなんて事になるとちょっと大事ですね。

今後の結果を見守りたいところですが、漏れていないのであればその確認方法が
欲しいですね。

ads by google

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ads by google

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA