Apple Watchのクレジット機能のセキュリティは大丈夫?

Ads by Google

Apple Watchが盗難に。そのときクレジット機能のセキュリティは大丈夫?

Apple Watchにクレジットカード?

Apple Watchにクレジット機能が付くことが発表されています。

盗難や紛失で他人の手に渡った際のセキュリティは大丈夫なんでしょうか?

ちょっと心配ですよね。

Apple Watchは※Apple Payに統合されているので、オサイフケータイのように
使うことが出来ます。(日本では当面未対応となる予定)

※Apple Payとは、使いたいクレジットカードをiPhoneなどの、iOSデバイスで
選択し指紋認証を行った上で、店舗の支払い端末にかざしたり、ネットショップで
決済を行うだけで支払いが完了するというもの。

これはクレジットカードの情報が登録されるということになります。

盗難や紛失時にどのように不正利用を防ぐのでしょうか?

実は、Apple Watchの裏側には、心拍数などを検知するセンサがたっくさん付いている
ことが分かっています。

このセンサはフィットネス用トラッキングのためだけのものではないらしいです。

これらのセンサではユーザがApple Watchを手首に身に着けているのか、
外しているのかまでを認識するらしい。

例えば、Apple Watchで何かを購入した後に、一旦Apple Watchを外します。
そして再度手首に着けて何かを買おうとすると、Apple PayのPINコードを入力
しなければ購入できない仕組みになっているとか。

これなら、盗難や紛失時にもPINが分からなければ、クレジットカードでの購入が
出来ないので、安心ですね。

間違っても、Apple WatchにPINの情報が分かる状態でデータを置いたりしないで
くださいね。

Ads by Google

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Ads by Google

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA