キター!量子暗号!東芝が究極の暗号を実用化

Ads by Google

東芝が究極の暗号”量子暗号”を実用化。

理論上破られることのないと言われている量子暗号。

とはいえ、実用化という話になるとまだまだ先と言われていた暗号技術。

ところが今回東芝がその量子暗号を実用化するニュースが出ています。

一般回線を使った両親暗号通信の実証実験や、同時に複数の拠点と
情報をやり取りすることに成功したとのこと。

これによって、インターネット上での実用が現実的になった。

それも5年後をめどに実用化するとのこと。

現在は高速な光回線で多くの情報がやり取りされているが、その情報の
多くが盗聴などのセキュリティリスクにさらされている。

量子暗号が実用化されれば現在の暗号に置き換わり、理論的には
盗聴されたり、サイバー攻撃に利用されたりということがなくなり
安全にインターネット上でデータや情報のやり取りが出来るように
なる。

仕組みを簡単に説明すると、

暗号化したデータ

その暗号を解く鍵(復号化)

を、光に乗せてやり取りをします。

もし、悪意を持った第三者が不正にデータにアクセスしようとすると
光に変化が発生して暗号鍵が壊れた、二度と復号化できなくなります。

この不正アクセスがあったかどうかは100%分かるらしい。

ちなみに、一般家庭やいわゆる末端のインターネットユーザまでの利用は
今のところ実用化されるか分かりません。

量子暗号を使うためには

  • 光回線網
  • 光を適切に検出して管理する専用装置

が必要です。

専用装置は送受信側に必要になるので、この装置が普及しない限りは
なかなか浸透出来ないです。

この専用装置一千万円とかするらしいので、まあ、一般家庭のレベルの話では
ないわけです。

てなわけで、今のところ

  • 官公庁
  • 医療機関
  • 大企業

みたいなところがターゲットのようです。

NTTや三菱電機も量子暗号の開発には取り組んでいるらしいので、
東芝が一つ頭でた感じで、なかなか面白くなりそうですね。

Ads by Google

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Ads by Google

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA