東京都目黒区立向原小学校 個人情報が記載された資料紛失、その内容とは?

ads by google

東京都目黒区の区立向原小学校で、1学級21人分の「児童理解のための資料」がなくなった。

その資料は6月6日から12日までの間になくなったとのこと。

学級担任から報告を受けた校長先生が、教職員を対象に
聞き取りでの調査を行ったりしたが、結局見つからなかった。

その紛失した資料の中には、
子供や保護者の

  • 氏名
  • 住所
  • 電話番号
  • 緊急連絡先
  • 家族構成
  • 児童の性別や生年月日

などが含まれていたとのこと。

さらに健康状態の報告内容、そして自宅から学校までの
ルートまでも含まれていた模様。

ベネッセみたいに営業の為に使われるならまだしも
子供を巻き込んだ犯罪などに発展しなければ良いですが、
心配ですね。

学校側では対象児童の家庭訪問を行って、保護者に謝罪予定。

さらに急遽、臨時保護者会を開催して、経緯の説明と謝罪を
行っている状態。

自分の子供の情報がどこかに出回ってるなんて、絶対に
嫌ですね。

ads by google

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ads by google

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA